墓地の形態

各自治体が運営管理をしている公営墓地は多くの方がご存知のことでしょう。しかし、お墓はこればかりではありません。々な墓地の形態というものがあるのです。では、それらについて触れていきましょう。まずは「民間墓地」です。経営が公益法人や宗教法人が経営している墓地のことを言います。

種類

別名「事業型墓地」などというわれることもあるでしょう。厳しい条件などもなく、比較的に希望通りのお墓を作ることができるでしょう。そして気になるのがお墓の相場ってどれくらい?なのかってことです。しっかりと自分で色々なサイトを見て調べておきましょう。

つぎに「寺院墓地」です。これは名前の通りに寺院が管理運営しているものとなります。管理が行き届いていることも多く、永代供養などが出来るということから便利に感じている方も多いようです。

ただ、檀家として契約することを求められる場合もありますのでその部分について納得できれば利用をするのも良いでしょう。そして「村部墓地」というものもあります。こちらは今では数は少なくなっているもので、住民たちが共有していた墓地のことを言います。

現在においてはこのようなことは法律に抵触することから新たに作られるということは無いでしょう。法制定以前からのものにおいては残っている場合もあります。そして個人墓地です。こちらにおいても、村落墓地どうように法律制定前から「私有地」に作られていたお墓のことを言います。現在では新しく作ることはできません。

このようにいくつかの形態があると思いますので、実際に建てるというときの参考にしてみてはいかがでしょうか。お墓を建てるとき、墓地というものが必要となります。この際、気になる方も多いと思いますが「宗派」というものもあわせて考えておくと良いでしょう。
墓地の形態
以前では、お墓を建てるに当たってその寺院の檀家にならないといけないというところも多かったようです。しかし今では打って変わって檀家になる必要は無いというところも多いようなのです。このことから、比較的に寺院などは選びやすくなったことで寺院墓地を利用される方も増えているのです。

しかしながら、宗派不問とされている場合においても法要などにおいては「寺院が属する宗派」によつて進められるのが一般的となっています。

まとめ

このことは覚えておくと良いでしょう。また、檀家になっているというばあいは宗旨変をすることによってお墓が使用できなくなるなどということもありますから注意しましょう。こうした寺院墓地ばかりではなく、寺院が経営・管理している「公園墓地」などにおいても同様です。
宗派を問わない場合においても、その寺院の宗教以外の僧侶を呼び法要が出来ないということが大半なのです。このことでお分かりいただけたかと思いますが、宗教なしでよいということは難しいと思いますので、墓地を利用するときには檀家にならずともその寺院の宗派や概略というものを把握しておくことをお勧めします。

また、家系的に宗派があるという方はそれに添った形で寺院墓地や霊園や公園墓地を探して利用していただくのが望ましいでしょう。

新着情報

◆2016/06/30
夫婦で別々のお墓は可能かの情報を更新しました。
◆2016/06/30
お墓と損環境についての情報を更新しました。
◆2016/06/23
墓地の形態の情報を更新しました。
◆2015/08/03
お墓をひとつにしたいの情報を更新しました。
◆2015/08/03
お墓を建てる流れの情報を更新しました。